債務整理や相続問題に迅速対応!|法律の問題は専門家にお任せ

パソコンを使う手

専門家への相談

地価平均と相続税について

ペンをもつ男性

世田谷は日本の中でも地価の高い、人気のある住宅地です。それだけにそこに不動産を構えている場合、相続の際には納税額などが気にかかってくるところです。 世田谷の平均的な住宅地の地価は、坪当たり1,718,600円ほどです。世田谷に30坪の家を建てて生活していた人が亡くなったとすると、5,160万ほどの遺産が残されることになり、それを2人の法定相続人が受け継いだ場合、基礎控除額を除いた960万に相続税が課せられることになります。 通常基礎控除額を上回る相続というものはさほど多くは無いのですが、世田谷のように地価の高い地域ではその心配も多分にあると言えるでしょう。 今、そうした地価の高い地域に根差した相続相談の窓口がいろいろとできています。心配を後に残さないためにも、こうした窓口に一度相談してみるのもいいのではないでしょうか。

先々困らないためには

うちは財産なんか無いから相続の心配なんかいらない、と思っていても、住んでいる家も立派な財産の一つです。むしろ世田谷のように地価の高い地域ではそれこそが財産と言えます。 日本では遺産は均分相続することが基本です。しかし家を分割するわけにもいきませんし、ましてやその家に住み続ける人が居るとなると、中々やっかいな問題が生じてきます。相続とは様々な面が絡み合った複雑な問題と言えます。 こうした問題に対処するには、例えば1人の税理士に相談するというのもいいでしょうが、やはり弁護士、税理士、行政書士など各専門家が連携してするネットワークの力を借りるのが何よりです。税金を納めればそれで良し、登記をすればそれで解決、というのではなく、様々な視点から相続問題を捉えることが大切です。 今はまだ早いと思っていても、その日はいつか来ます。その日になって慌てないために、準備できることはやっておきませんか。